リビンマッチ(旧スマイスター)の不動産一括査定の評判は!?あなたが知らない事まで教えます

リビンマッチで不動産売却査定【評判の真相】はいかに!

リビンマッチは10年以上もオンライン査定サービスを提供しているパイオニア。リビンマッチの年間利用者は440万人にもなるそうで、老舗の不動産売却査定サイトといってもいいでしょう。

しかも、リビンマッチの評価は、利用者の96%が満足と答えるほど。口コミだけでなく、テレビやニュース、インターネット上でも高い評価を得ています。

そこで、今回は、リビンマッチの特徴やサービスを徹底的に調査してみました。良い評判だけでなく、悪い評判も検証したので、リビンマッチについて、よく知ってから利用したいと考えている人は、読んでみてくださいね。

不動産一括査定おすすめサイト【リビンマッチ】
不動産一括査定業者リビンマッチ リビンマッチの評価
提携業者数約1400社
運用期間10年以上
対応地域全国
利用者数440万人
同時依頼数6社
入力時間45秒

リビンマッチの特徴!不動産売却査定サイトを徹底比較

少しでも不動産売却査定サイトを調べた人なら、もう既にご存知だと思うのですが、不動産売却査定サイトは、リビンマッチ以外にもたくさんあります。

有名なものをいくつか挙げると、HOME4U、すまいValue、リガイド、イエイ、イエウール、最近でが、スーモも査定サービスを開始しました。

複数の一括査定サイトを併用するという方法もありますが、あまりに情報が多すぎると、どれを参考にすればいいかかえって迷ってしまいますよね。

リビンマッチは、対応しているサービスが多く、初心者にもおすすめの不動産売却査定サイトです。そう言い切れる理由が知りたいと思う人もいるでしょうから、先ほど紹介した査定サイトと比較しますね。

査定サイト名リビンマッチHOME4UイエイすまいValueイエウール
提携業者数1400社以上1000社1000社840社1400社以上
対応地域全国全国全国全国全国
特徴賃貸査定もできる業界初の査定サイトサポート充実大手に査定できる目だった特徴なし

☆ リビンマッチの強み

他の不動産売却査定サイトと比較して分かったリビンマッチの強みをまとめると次の通りです。

  • 売却査定だけでなく、賃貸査定もできる
  • 都心部の業者だけでなく、地元業者も網羅している
  • 相場価格よりも高く売れる可能性が高い

リビンマッチのこれらのポイントについて、詳しく見ていきましょう。

☆ 賃貸希望者にも嬉しい査定サイト

不動産の使い道は、売却してお金を得るということだけではありませんよね。賃貸として貸し出せば、毎月家賃料が不労所得として入ってきます。

リビンマッチはプロに相談して、未来図をコーディネートしてもらえ、売却した時と、賃貸にした時の未来図を比較することができます。「売却するか、賃貸にするか」よく考えた上で、最良な選択ができることもリビンマッチの魅力です。

☆ 地方に住んでいても高く売却できる可能性が高い

オンライン査定サービスはたくさんありますが、実は、多くが都心部に強い不動産会社と提携しています。

だから、加盟店に地元に密着した中堅の不動産会社が少なく、地方の人が、オンライン査定を利用しても、土地勘がある地元の不動産会社とマッチングしないことが多いです。

けれど、リビンマッチの加盟店には都心部が得意な不動産会社だけでなく、地方に密着している不動産会社もたくさん登録していて、地方に不動産を持っている人でも有利に売却の話を進めることができる可能性が高いです。

☆ 相場より高く売却できるケースが多い

突然ですが、あなたは自分の不動産が売れればいいと思っていませんか?

アベノミクスの恩恵もあまり受けている実感がないし、不動産みたいな高額なものがそんなにほいほい売れるはずがないと思っている人は多いと思います。

この考えは時代遅れ。ネットでユーザーが複数の不動産会社に査定を依頼し、価格を比較できるようになった今、相場より高く売却できるケースが急激に増えているんです。

不動産は単価が高いだけに、価格の差も大きくなります。2300万円くらいと思っていたマンションが2500万円で売却できたら、かなり嬉しいですよね。

リビンマッチの査定額は、相場の価格を参考に算出されるので、実際の売却価格との差が少なく、腕のいい営業担当者と出会えるチャンスも多いので、相場より高く売却できる可能性も高いのです。

☆ リビンマッチの弱み

以前は、大手の不動産売却査定サイトに比べて、提携している不動産会社の数が少ないというデメリットがありましたが、最近は、リビンマッチも国内トップクラスの加盟店数になり、このデメリットは解消されています。

なので、リビンマッチはどの不動産売却査定サイトと比較しても遜色がなく、不動産の査定を依頼するには、とても優れているといえるでしょう。

リビンマッチをうまく活用すれば不動産売却を有利に進められる

リビンマッチはポイントさえ押さえれば、不動産会社の言いなりにならず、有利に売却を進めることができます。

リビンマッチを上手に活用するポイントを次にまとめました。

  1. 査定を依頼する不動産会社は大手と地域密着型の両方を狙う
  2. 高すぎる査定額を提示した不動産会社には理由を聞く
  3. 媒介契約の種類は慎重に選ぶ
  4. 高く売却するには内覧が重要

それでは、一つずつ見ていきましょう。

【リビンマッチ活用法その1】査定依頼は大手と地域密着型の両方に

リビンマッチでは最大6社の不動産会社に査定の依頼ができます

リビンマッチに不動産情報を入力した結果、大手と地域密着型の両方の不動産会社が混在する可能性がありますが、その場合は、大手と地元密着型の両方の不動産会社をバランスよく選びましょう。

なぜかというと、大手と地域密着型の不動産会社には、特徴の違いがあるからです。

大手

大手は、宣伝力があるので、見込み客がたくさんいるので、確実に売却したいならおすすめです。
ただし、買い手市場なので、万人受けする相場やそれより少し下げた売却価格がつくことが多いようです。

地域密着

地域密着型の不動産会社の場合は、大手に比べて宣伝力が弱いので、見込み客は少なめですが、「信頼」して相談に来るケースが多く、相場より高く売れることが多いと言われます。

自分の希望に合わせて、不動産会社を選ぶのがいいですが、確実に売りたいなら大手、少しでも高く売却したいなら地元密着型の不動産会社がいいでしょう。

ただ、不動産ができるだけ短期間で少しでも高く売却されるには、営業担当者のスキルも重要になってきます。

敏腕の営業担当者に出会えるように、いろんなタイプの不動産会社に依頼して、チャンスを広げることをおすすめします。

【リビンマッチ活用法その2】高い査定額を提示する不動産会社には理由を聞く

リビンマッチでは、複数の不動産会社に査定の依頼ができるので、査定額にばらつきがでるケースがあります。

注意すべきは、高すぎる査定額を提示された場合です。高すぎる価格を算出する不動産会社の中には、契約を結びたいがために高い査定額をつけ、あなたの気を引こうとしている不動産会社もあります。

けれど、高い査定額を提示してきた不動産会社を回避する必要は必ずしもありません。リビンマッチで、もし、査定額が高い不動産会社があったら、きちんとその根拠と証拠を聞きましょう。

聞く時のポイントは、不動産会社が査定価格の根拠と証明になる資料をあなたが理解できるように、分かりやすく説明できるかどうかです。

難しい話や業界用語で濁らせるようなら要注意。そんな不動産会社はごまかしている可能性もありますし、売主に分かりやすく説明できないということは、買い手にも上手くアピールできないと考えていいでしょう。

逆に、分かりやすく、業界用語をかみ砕いて、あなたが納得できるまで理由を説明してくれるのであれば、リビンマッチで高い査定額を算出していたとしても、信用していいと思います。

リビンマッチは相場を知るのにとても有効な手段です。不動産売却は、最終的に相場価格の前後で売却価格が決まるケースが多いので、あまり欲を出し過ぎず、慎重にいきましょう。

【リビンマッチ活用法その3】媒介契約の種類選びは慎重に

リビンマッチで気に入った不動産会社が見つかると、媒介契約を結ぶことになりますが、不動産売却では、この媒介契約の種類にも気をつける必要があります。

媒介契約には次の3種類があります。

  • 一般媒介契約
  • 専任媒介契約
  • 専属専任媒介契約

それぞれの媒介契約について簡単に説明すると…

  • 一般媒介契約は複数の不動産会社と契約ができる
  • 専任媒介契約と専属専任媒介契約は1社のみと契約する

不動産会社としては仲介手数料で広告費をペイしたいので、ライバルは減らしたいところ。言葉巧みに専任か専属専任媒介契約をすすめてくるでしょう。

けれど、どの媒介契約が最善かは、不動産の特性によって変わってきます。

例えば、こんな不動産は一般媒介契約がおすすめです。

  • 不動産が人気のエリアにある
  • 売却したい不動産がマンションである
  • 近所に売ることを知られたくない

人気のある不動産なら、仲介する不動産会社同士の競争意識も高いですし、買い手の間口も広がるので、複数の不動産会社と契約ができる一般媒介契約がいいでしょう。

また、マンションの場合は、売却活動の手順が定型化されているので、不動産会社ができることは、あまりないので、一般媒介契約で十分です。

不動産を売りに出したことを近所にバレたくないという人も、一般媒介契約がいいです。というのは、一般媒介契約であれば、全国に向けて不動産情報を公開しているレインズというデータベースに登録の義務がないので、売り出していることが近所や同僚に知られにくいのです。

いっぽう、専任、専属専任媒介契約のほうがいい不動産というのはどういうものでしょう。

  • 不動産の個性が強く、交渉に手間がかかる
  • 早く売却しなればならない不動産
  • 買い取り制度を利用したい
  • 2週間に1回、もしくは、1週間に1回以上は営業報告してほしい

不動産の個性が強いと、しっかりと宣伝してもらったり、売却活動に力を入れて貰わないとなかなか買い手がつかない場合があるので、専任、専属専任媒介契約がいいです。

また、不動産が実際に売却されるまでにかかる期間は、査定依頼から3ヵ月から6ヵ月ほどかかる場合がほとんどです。急な転勤やライフスタイルの変化で、急いで売却しなければならない場合は、専任や専属専任媒介契約を結んで、売却活動に力を入れて貰ったり、場合によっては、買い取り制度で不動産会社に買い取ってもらう必要があります。

買い手が見つからなかったときに不動産会社が不動産を買い取ってくれる制度を買い取り制度といいますが、専任や専属専任媒介契約なら、この制度が利用できます。

専任や専属専任媒介契約を結ぶと、不動産会社の選択ミスをした時が大変です。専任、専属専任媒介契約は、最長で3ヵ月の契約期間がありますが、期間を1ヶ月にして、結果が芳しくなかったら、他の不動産会社に変更するといいでしょう。

【リビンマッチ活用法その4】高く売却できるかは内覧次第

リビンマッチで信頼できる不動産会社を見つけ、媒介契約を結んだら、売却活動に移ります。

売却活動と聞くと、チラシのポスティングやポータイルサイトに掲載して、不動産の情報を一般公開することが初めに思い浮かぶかもしれませんが、それらは、不動産会社側の売却活動です。

不動産を高く売却するためには、売主側の売却活動も重要。中でも、重要なのが、住居スペースをきれいに保つことです。

リビンマッチで査定額より高く売却できたと口コミしている人の多くがよりよい状態に不動産をキープする努力をしています。

不動産の購入を検討している人は、実際に内覧して購入を決意することもよくあります。内覧に来てもらった際に、いい印象を与えるために不動産をきれいで清潔感がある状態にしておくことは、必須といってもいいでしょう。

不動産の利便性や便利性が変わらない場合は、きれいな状態の物件のほうが売れるというのは、ほぼ確実です。

汚れが目立つ場所などは、ハウスクリーニングなどプロの力を借りるのもいいでしょう。

リビンマッチの悪評を暴く!本当に信頼できる不動産売却査定サイト?

良い評判が目立つリビンマッチですが、口コミの中には、リビンマッチを悪く書いているものもあります。

リビンマッチの悪い評判を整理すると、次の3つが主なようです。

  1. 営業の電話がかかってくる
  2. 無料なのが怪しい
  3. 個人情報は大丈夫?

これらの評判を検証します。

☆ 営業の電話がかかってくる

はじめにお伝えしておくと、普通にリビンマッチで査定依頼をすると、ほぼ間違いなく、営業の電話がかかってくると予想されます。

しつこい営業の電話が嫌で、リビンマッチなどのネット査定を嫌厭する人もいるくらいです。確かに、営業の電話がかかってくると、時間を取られるし、イライラしますよね。

ただ、リビンマッチには、ほぼ営業の電話をシャットアウトできる方法があります。

それは、「依頼先企業に伝えたいこと」の回答欄に「電話連絡ではなく、メールでの対応を希望」と記載することです。

リビンマッチの「依頼先企業に伝えたいこと」欄は、自由に記載することができるので、反対に、電話で直接話を聞きたいという人は、その旨を書くこともできます。

☆ 無料なのが怪しい

リビンマッチは、一気に複数の不動産会社に査定依頼ができて、売却不動産に合わせて、不動産会社を自動でマッチングしてくれる便利なサービスです。

便利なだけに、リビンマッチが無料でこれらのサービスを提供いるのを怪しいと考える人もいるでしょう。

リビンマッチが無料でサービスを提供できるのは、登録している不動産会社から、紹介料をもらっているからです。

不動産会社にしてみれば、人件費を節約できるし、リビンマッチなら24時間集客できるので、リビンマッチに登録したほうが安上がりなのです。

リビンマッチは双方にwin-winな関係を結ぶことで、サービスを展開しているんですね。

☆ 個人情報は大丈夫?

リビンマッチのような不動産売却査定サイトでは、自分の住まい情報を入力することになるので、個人情報が漏えいしないか心配になる人もいるでしょう。

リビンマッチは、ユーザーの個人情報を守るために次のことで対策をとっている安全なサイトです。

  • プライバシーマーク制度に加入
  • SSLサーバ証明書

プライバシーマーク制度とは、外部機関の一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)が定める個人情報保護規定に合格した事業主だけがプライバシーマークを使用できるという制度です。

大量の個人情報を取り扱う楽天なども取得している制度で、プライバシーマーク制度に加入するには、かなりのコストがかかります。

プライバシーマーク制度は取得時だけでなく、取得するために社内体制を強化する必要もあり、人件費もかかります。

リビンマッチは高いプライバシー保護意識のもと、コストと労力をかけて、個人情報を取り扱っている会社といえるでしょう。

SSLサーバ証明書は、次の2つの機能を持っているサイトに発行される証明書です。

サイトの実在証明 サイトの運営組織が実在することが証明できる SSL暗号化通信 個人情報や住所などが第三者に盗み見られないようにする

リビンマッチ公式サイトはSSL証明書が発行されているサイトなので、不動産情報などの個人情報を入力しても第三者に知れることはないといえるでしょう。

リビンマッチの口コミと評判

ここからは、実際にリビンマッチを利用した人の口コミを紹介します。*この記事で紹介する口コミはすべてダイジェストです。

リビンマッチでいい営業担当者に出会えた

リビンマッチで一括査定を依頼した結果、買い取り制度を利用するか、仲介売却にするかで悩みました。

けれど、リビンマッチで査定を依頼した不動産会社から、「査定額より高く売却できる可能性が高いから、買い取りはもったいない」と言われ、営業担当者が誠意を感じる人だったので、仲介売却を選び、その不動産会社と媒介契約を結びました。

実際、土地勘があり、熱心な営業担当者で、売却戦略を駆使し、3週間で買い手を見つけてくれました。それだけでなく、査定額より500万円も高い価格で売却することができ、とても満足しています。

リビンマッチで見つけた地元の不動産会社に依頼

両親がなくなり、実家のマンションを相続しました。

住む予定もなく、使い道がなかったので、売却を決意。マンションの相場を知るために、リビンマッチで一括査定を依頼しました。

家にいながらにして、一気に複数の不動産会社に依頼ができるリビンマッチは本当に便利です。一社一社回っていたら、とてもこんなにたくさんの不動産会社に依頼することはできなかったと思います。

リビンマッチを通して、依頼した不動産会社の営業マンは、ターゲティングが上手で、地方にあるマンションだったのですが、高額で購入してくれる人を見つけてくれました。

急いでいたが柔軟な対応で無事に売却できた

私の希望は、相続税納税のために、できるだけ早く売却したいというものだったのですが、リビンマッチで出会った不動産会社の営業担当者が期間的に個人に売るのはハードルが高いと考え、業者に少しでも高く売る戦略に出てくれました。

限られた条件の中で不動産を売却できたのは、リビンマッチを通じて出会った営業担当者の機転の利いた柔軟な対応と、素早い行動のおかげだと思います。

リビンマッチについてまとめ

リビンマッチに対する疑問や不安は解消されましたか?

実際にリビンマッチを利用した人の多くが、査定額より高く売却できた、臨機応変に対応してくれる営業担当者に出会えたと、リビンマッチを高く評価しています。

今の時代、無料で複数の不動産会社に一括査定が依頼できるリビンマッチのようなサービスを使わないのは、大切な不動産を売却する上で非常に危険ともいえるでしょう。

リビンマッチで不動産の相場を知り、よりよい不動産会社と契約を結ぶことで、あなたの不動産をより高く売却しましょう!

不動産一括査定おすすめサイト【リビンマッチ】
不動産一括査定業者リビンマッチ リビンマッチの評価
提携業者数約1400社
運用期間10年以上
対応地域全国
利用者数440万人
同時依頼数6社
入力時間45秒

初心者の90%以上が間違える!不動産一括査定サイトの選び方マニュアル!

2018.10.09

不動産を高く売る為に知っておきたい不動産査定マニュアル!

2018.11.12

不動産一括査定業者ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です