不動産査定って何?土地・マンション売却ならかしこく使おう!

不動産査定について詳しく知りたいな。

不動産査定は、不動産売買をするスタート地点になります。

土地やマンション、一戸建てなど、売りたい物件があるなら、まず最初に不動産査定を行いましょう。

最終的に「売れる」ための、よい不動産査定とはどんなものでしょうか?大切な財産をより価値のあるものにするために、不動産査定をかしこく使いましょう。

不動産査定とは?

「不動産査定をしよう」と思った時、それは、土地やマンション、家を売りたいと思った時だと思います。
オンラインで気軽に査定できるようになりましたが、その前に、不動産査定のしくみと、失敗しないための知識を手に入れましょう。

不動産査定って何?

不動産査定とは、不動産会社に売りたい不動産の適正な売却金額を評価算出してもらうものです。

ただし、ここで出た不動産査定額は「必ず売れる」金額であるとは限りません。なぜなら、不動産会社が「買い取る」金額ではなく、不動産会社が「仲介して売る」ための金額だからです。
不動産査定で最終的な売却金額が決まってしまう訳ではありません。

注意が必要なのは、最終的に不動産が売れることが目的であり、不動産査定額が高いことではないということです。

不動産査定で出る金額は、あくまでも目安であることを覚えておきましょう。

不動産査定には有料と無料があるの?

一般に、不動産査定をするのは不動産会社ですが、不動産会社や不動産会社が運営するインターネットサイトでのオンライン査定などは無料で行えます。
ネットなら希望すれば、匿名も可能。

不動産査定が有料になるのは、不動産鑑定士が専門的な鑑定評価をする場合です。
裁判所や税務署などに証明書類として提出する場合に、不動産鑑定士による鑑定が必要になります。

個人で土地やマンションを売却したいなら、不動産業者が行う無料の不動産査定で問題ありません。
無料査定でも有料査定でも、あくまで「参考価格」であり、実際の売却ではさまざまな条件により変化するのです。

不動産査定はどこに頼めばいいの?

不動産査定を依頼したい時、昔なら不動産会社へ直接行っていたものですが、今やインターネットに「イエイ」「HOME‘S」といった不動産査定をする登録業者が溢れています。

インターネットでの無料査定をするなら、ランキングや口コミなどを検索して、よく比較検討してください。
不動産査定は、不動産売却のスタート地点ですから、最終目的の売却まで成功させるためには、よい不動産業者との出会いが大切です。

不動産査定は、不動産業者が過去の実績や地域性、物件の条件などから算出しますが、その後の売却活動にはある程度の時間が必要です。
査定額が一番高かったからといって、必ずしも査定額で売れるとは限りませんし、不動産会社へ支払う仲介手数料もかかってきます。
もちろん、担当者との相性や実績も考慮しなければならないので、複数の不動産業者に不動産査定を依頼し、総合的にみて信頼できる業者を選んでください。

不動産一括査定業者はこちら

不動産査定の方法は?

さて、実際に不動産の査定とはどう行われるのでしょうか?
大切な財産ですから、慎重に進めていきましょう。

不動産査定の方法 その1.現地査定

訪問査定とも呼ばれています。実際に現地に赴き、物件を見て確認し、詳しく調査を行う査定方法です。
主に見られるのは、土地の使用状態や建物の状態、日当たり、隣接した道路や建物の状態など。かなり細かい部分までチェックし、不動産査定を行っていきます。
現地査定は専門家に実際に見てもらえるので、不動産売却に関することを直接質問することができるメリットがあります。
その一方で、簡易査定よりも査定額が出るまでに日数がかかります。

不動産査定の方法 その2.簡易査定

机上査定とも呼ばれる、データだけをもとに査定をする方法です。物件の築年数や、過去の事例、路線価や公示地価といった情報だけをもとに不動産査定を行います。
メリットは、査定にかかる時間が短いこと。電話やメールなどで受け取れるため、不動産会社へ出かける必要もなく簡単です。
ただし、実際に物件を見ていないために査定額が正確ではないこともあることに注意しましょう。

その他にも、「原価法」「取引事例比較法」「収益還元法」といった査定額を求める方法はありますが、物件によって最適な方法が用いられます。
上記2つの方法と加味しながら査定額が決められていきます。

満足のいく不動産査定をするには?

不動産査定は、不動産売却の入口です。満足のいく売却に繋げるためには、不動産査定を業者に丸投げしていてはいけません。自分でできることを確認して、準備しておきましょう。

自分で相場をチェックする

不動産査定をお願いしても、それが適正なものなのか判断するには自分で相場を知っておく必要があります。
売却したい土地やマンション、一戸建てに対して、インターネットなどで検索して参考にしましょう。
同じエリアの築年数や間取りが似ている物件を探して、メモなどしておきましょう。おおよその価格を知っておくことで、実際に不動産査定をお願いした時に、冷静に判断することができます。

不動産査定は数社に頼む

不動産査定は1社だけでなく、複数の不動産業者に頼みましょう。
前述しましたが、不動産査定額は、不動産業者が買い取る金額ではありません。

不動産査定をした査定額は、不動産業者が実際に売却活動をする際、いくらで売りに出すか?の目安になるものであり、最終的な売却金額とは違います。
不動産業者は売買契約が成立し、仲介手数料を獲得することで利益を得ています。

だからこそ、不動産査定を無料で行い、媒介契約を行いたいのですね。
つまり、不動産査定には不動産業者の思惑も含まれていることになるため、査定額の良し悪しだけで優劣をつけることは難しいのです。
不動産査定は3〜4社に頼み、査定額だけでなく、過去の実績や担当者、契約にかかる費用など総合的に見て依頼する不動産業者を決めましょう。

売却にかかる費用を確認する

物件が売れた!と喜んでばかりいると、後で意外に費用がかかってびっくりすることがあります。
後で困らないように、事前に売却にかかる費用を算出しておきましょう。
不動産の売却にかかる費用は、主に以下の2つです。

仲介手数料
不動産の売買を依頼した不動産業者に支払うものです。売却成立時に支払うのが一般的。
法律で仲介手数料の上限額が決められています。
仲介手数料の上限額の計算方法は、
(売買価格(税抜)×3%+60,000円)×消費税
で求められますので、参考にしてください。
売買契約書、登記の費用
売買契約書に貼る印紙代は、契約金額によって異なります。
500万〜1000万なら5千円、1000万〜5000万なら1万円と、売買金額が高いほど印紙代も高くなります。
また、登記は抵当権抹消などが必要ですが、司法書士へ頼むとその報酬が一般的に2〜3万円かかります。

最後は自分で決める

不動産査定は不動産のプロがあらゆる条件や情報から適正な物件の価格を査定するものです。
しかしながら、自分が売りたい金額もあるでしょう。
大切なのは、「実際にその物件が売れること」であり、査定額がいいことではないのです。

最終的に、売却金額や不動産業者は自分で選んで決めることなので、査定額のよしあしに一喜一憂せず、冷静に判断して慎重に進めていきましょう。

不動産査定まとめ

不動産を売却したいと思った時の、スタートになるのが不動産査定です。
大切な財産を、より高く、よりいい条件で売るには、不動産の専門家による不動産査定は欠かせません。
不動産査定によって、売主は不動産業者を決め、その後の売却活動や売買契約へと繋がっていくのです。
よい取引を行うために、不動産査定についてしくみや知識を身につけておくと有利ですね!

不動産一括査定業者ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です