不動産一括査定サイトスモーラ(Smoola)の口コミや評判を徹底調査!

スモーラ(Smoola)の不動産一括査定サイトを利用して高く売却しよう

不動産の売却はほとんどの人が一生に一度、多くて二度あるかという感じではないでしょうか?つまり、ほとんどの人が不動産売却に関しては初心者と言うわけです。

それだけに、分からないことも多く、失敗する不安もあるでしょう。

そこで、おすすめしたいのが、一括査定サイトです。

一括査定サイトをおすすめする理由は、一度に複数の不動産会社から、自身が所有する不動産の査定額を提示してもらえるからです。

そこで今回は、不動産一括査定サイトの中でも、利用者からの評判が高いスモーラ(Smoola)について徹底解説していきたいと思います。

下記のようにお考えの方は、ぜひ本記事を読み進めてみてくださいね。

  • 自分の不動産の価値が知りたい
  • 不動産の相場が知りたい
  • スモーラの口コミや評判が知りたい
不動産一括査定おすすめサイト【スモーラ(smoola)】
不動産一括査定業者スモーラ スモーラの評価
提携業者数2500社
運用期間7年
対応地域全国
利用者数360万人以上
同時依頼数最大9社(売買6社+賃貸3社)
入力時間最短45秒

不動産売却査定依頼が最大6社にできるスモーラ(Smoola)とは

スモーラ(Smoola)は、最大で売買査定を6社に、賃貸査定を3社に依頼できる一括査定サイトです。この数は一括査定サイトの中でも多いほうで、スピーディに不動産の相場を知りたい場合はかなり使える一括査定サイトです。

いろんな会社が一括査定サイトを運営していますが、スモーラ(Smoola)にはどんな特徴があるのでしょう?スモーラ(Smoola)の内容や特徴、サービスについて解説します。

スモーラ(Smoola)でわかるのは不動産の売却査定額だけじゃない!

一般的な不動産一括査定サイトは、不動産の情報を入力し、複数の不動産会社から査定額を提示してもらえるようになっています。

スモーラ(Smoola)でも、一度に最大で6社の不動産会社に売却査定を依頼することができます。

ただ、スモーラ(Smoola)のすごいところは、査定額が分かるだけでなく、不動産の相場や売却のタイミング、エリア別の不動産売却事例まで知ることができることです。

そのため、その不動産があるエリアの中で価格の比較ができ、相場も分かるので、極端に安い価格で売却してしまうという失敗をかなりの確率で予防することができます。

また、スモーラ(Smoola)の口コミによると、他の一括査定サイトに比べ、査定額が高いということも特徴のようです。

さらに、賃貸査定も同時にできるので、「売却をした方が良いのか」「賃貸にした方が利益があがるのか」などの判断もできます。

スモーラ(Smoola)のもう一つの特徴は、査定が出るまでの時間が短いというものがあります。スモーラ(Smoola)で査定を依頼すると約45秒で査定額が提示されます。

査定額が早く出るということを売りにしている一括査定サイトは多いですが、スモーラ(Smoola)は恐らく最短の部類に入るでしょう。

不動産売却にスモーラ(Smoola)の一括査定サイトを使うメリット

スモーラ(Smoola)を不動産売却の際に活用するメリットはいくつかありますが、ここでは、特にお伝えしておきたい特徴について紹介します。

スモーラ(Smoola)が得意な不動産と売却の際の活用方法

スモーラ(Smoola)は全国に対応している不動産売却一括査定サイトですが、特に東京のマンションに力を入れているので、東京のマンションを売却したい際にはぜひ活用してほしいです。

不動産会社には、得意な不動産とあまり得意でない不動産があります。得意な不動産は、取引量も多く販売実績も多くなりますから、より正確な査定額を算出することができます。

スモーラ(Smoola)の場合、東京のマンションを中心に売り買いをしている不動産会社が多いので、東京のマンションの査定依頼をすると、より正確な相場が分かるし、場合によっては、他の一括査定サイトより高い査定額になることもあります。

通常、一括査定サイトで相場より高い査定額を提示されたら、契約を取るために盛った金額を提示している可能性が高いので、注意するようにとお伝えするのですが、スモーラ(Smoola)で東京のマンションの査定依頼をした場合は、高値で売却するチャンスと捉えても良いでしょう。

スモーラ(Smoola)ではどんな不動産会社が売却査定してくれる?

スモーラ(Smoola)には、現在全国の不動産会社2500社が登録しています。この数は日本最大級です。では、どんな不動産会社が登録しているのでしょうか?

スモーラ(Smoola)には大手不動産会社が多い!

スモーラ(Smoola)に登録している不動産会社には大手が多く、一部をあげると次のような会社です。

  • 大和ハウス不動産
  • 三井のリハウス
  • ハウスドゥー
  • 野村不動産
  • みずほ不動産販売
  • ピタットハウス

このような大手の不動産会社は販売実績もあるので、必然的に、スモーラ(Smoola)で査定依頼をすると、査定額が高くなるのです。

もちろん、スモーラ(Smoola)には中小の不動産会社も登録しているので、地方に不動産を所有しているという人も活用できます。

東京にマンションを所有しているならスモーラ(Smoola)で売却査定依頼すべし

スモーラ(Smoola)の得意分野は、先ほどもお話しした通り、東京のマンションです。

中でも次の不動産はスモーラ(Smoola)で多く取り扱っています。

  • タワーマンション
  • コンパクトマンション
  • 大規模マンション
  • 駅近マンション

これらの不動産は、東京でも人気ですので、高い金額で売却できる可能性が高いです。

単身者向けや家族向け、高級マンションなど幅広いタイプのマンションがある上に、同じタイプのマンションでも金額がかなり違うこともあるので、一度スモーラ(Smoola)で査定金額を提示してもらいましょう。

スモーラ(Smoola)で売却査定依頼すると同時に知っておきたいこと

スモーラ(Smoola)を活用することは、不動産を高く売却する上でぜひしてほしいことですが、スモーラ(Smoola)を活用することと併せて、意識しておいてほしいことをここではご紹介します。

スモーラ(Smoola)で査定依頼をしたら、気をつけるべきことは以下の3つです。

  1. 高く売ってくれる不動産会社を選ぶ
  2. 内覧に向けて準備する
  3. 面倒でも掃除をきちんとしよう

高く売ってくれる不動産会社を選ぶ

あなたの所有している不動産を高く売却できる不動産会社を見つけるコツは3つあります。

1.査定額の根拠を確認する

査定額を提示されてますずべきことは、査定額の根拠の確認です。プラスの評価ポイント、マイナスの評価ポイントをできるだけ細かく、丁寧に、実際のデータを交えながら説明してくれる会社は信頼性が高いです。

逆に高い査定額を提示してくれても、根拠があいまいだったり、やたら説明が小難しかったり、何となくでぼやかしたりするようなら、契約を取りたいがために盛った金額を提示している可能性があります。

この場合は、実際に売り出す時に査定額よりも安い価格を提案されることもあり、そうなると安く買いたたかれてしまいます。

査定額を提示されたら、査定額の根拠を確認することを忘れないでくださいね。

2.類似する不動産の売買実績を確認する

査定額の根拠と同時に確認してほしいのが、類似物件の売買実績です。

例えば、「新宿区のマンション」を売却したいのであれば、直近2年くらいの新宿区のマンションの売買件数を教えてもらいましょう。

売買件数が多いほど、あなたの不動産がある地域において実績のある不動産会社となります。もしかしたら、地元密着型の不動産会社の方が、大手の有名な不動産会社より実績があるかもしれませんよ。

少しでも高く売却をしたいのなら、不動産会社は、有名かどうかではなく実績があるかどうかで選ぶようにしましょう。

3.担当営業マンの腕と相性を確認する

スモーラ(Smoola)を使った場合にせよ、他の一括査定サイトを使うにせよ、大切なのは高い査定額を提示してもらうことではなく、腕のいい担当営業マンに出会う確率を高めることです。

特に、不動産売却が初めてという人は、担当営業マンとの相性も大切になってきます。

訪問査定に来てもらった場合は、それぞれの担当営業マンに、実際に感じている疑問や不安を率直に伝えてみて下さい。話をきちんと聞いてくれて、具体的な提案や解決方法を提示してくれる営業マンなら、信頼できると言っていいでしょう。

もし、話すたびにストレスを感じるようなら、今後連絡を取り合う度にストレスを感じるでしょうから、そういう営業マンは避けたほうがいいでしょう。あなたの「高く売りたい」という気持ちまでそがれてしまう可能性があります。

スモーラ(Smoola)を利用する場合はもちろん、他の一括査定サイトを利用する場合でも、これらの3つのことを頭に入れて、不動産会社を探すようにしてください。

内覧に向けて準備する

不動産購入希望者が購入するか検討する上で重視するのが内覧した時の印象です。

不動産の販売活動と聞くと、不動産会社にお任せのような感じがしますが、実は、売主が売却したい不動産をきれいに保つことも大切なんですよ。

1.とにかくスッキリみせる

内覧者が部屋に入って最初に受ける印象は、「広いか狭いか」です。不動産の購入希望者は、事前に間取りや広さを知った上で内覧に来ますが、実際の印象が狭いと感じると購入意欲を失うこともあります。

部屋にはごちゃごちゃ物を置かず、きれいに整頓した状態で内覧者を迎えるようにしましょう。

逆に、「思ったより広い」と感じてもらえると購買意欲が高まり、交渉が成立しやすくなります。

実家やトランクルームなどをフルに活用し、家に置いてあるものを減らすようにして、家を広く見せる努力をしましょう。

2.できるだけ明るくみせる

親戚やお友だちの家を訪問した際に、晴れている昼間なのに「暗い」と感じたことはありませんか?

ずっと暮らしていると慣れてしまって気づかないのですが、部屋は意外に暗いんです。不動産の購入希望者にとっては、「部屋が明るいか暗いか」も重要なポイントです。

内覧者が家に来る前に、照明器具の掃除をしたり窓を磨いたりして、できるだけ部屋を明るくできるように準備してください。

また、内覧してもらう時は、昼間でもすべての部屋の照明を初めからつけておきましょう。

さらに、照明の光によっても見え方や印象は変わります。証明には次の3種類の光があります。

  • 昼光色
  • 昼白色
  • 電球色

部屋に合わせて照明の光を使い分けている人もいると思いますが、自然光が入らない部屋に昼白色や電球色をつけていると、内覧者によっては「暗い」と感じるケースもあります。

内覧が始まる前に、一度、担当営業マンに照明のタイプは合っているか相談してみるのもいいでしょう。担当営業マンは不動産のプロですから、その知見を活かしてアドバイスをくれると思いますよ。

また、内覧の際は、照明の明るさだけでなく皆さん自身の人柄も見られます。「本当にこの人と取引して大丈夫か?」と購入希望者は不安に思っています。普段以上に明るくハキハキとした対応を心掛けてください。

面倒でも掃除をきちんとしよう

部屋の掃除はもちろん、水回りなどの普段面倒と感じるところもきれいにしておくことは大切です。

ただ、水回りって長年の汚れが溜まっていてガンコですよね。そんな時は、プロのハウスクリーニングを検討するのもいいでしょう。浴室やキッチンのクリーニングなら、10,000円~30,000円が相場です。

ハウスクリーニングを頼んだことがない人だと、掃除にお金をかけるなんてもったいないと感じるかもしれませんが、何千万円もの不動産を取引するのなら、お金がかかってもプロにきちんと掃除してもらった方がお得な場合もあります。

金額そのものではなく費用対効果で考えましょう。

また、リフォームに関しても、内覧者から「故障はしてないけど古いから」という理由で、値下げの打診があったりなどすれば、値下げ幅とリフォーム代金を比較して、不動産会社を交えて値下げに応じるか、リフォーム代金を負担するなど、妥協点を見つけましょう。

ずっと住んでいると見落している部分も多いので、不動産そのものの状態については、一度担当営業マンに相談してみることをおすすめします。

スモーラ(Smoola)を実際に利用した方の口コミ・評判

ここからは、スモーラ(Smoola)を利用した人の口コミやスモーラ(Smoola)の評判を紹介します。

同じような悩みを持った人がスモーラ(Smoola)を活用してどう解決したか参考にしてください。

スモーラ(Smoola)を使って不動産売却査定をして良かったという人の口コミ

スモーラ(Smoola)で査定額以上の金額で売却しました


都内のマンションを相続し、使い道がなかったので、売却することにしました。

インターネットで複数の一括査定サイトを活用したのですが、どのサイトも似たような査定額でした。そんな時、友人から、スモーラ(Smoola)は都内のマンションの売却に強いよと教えてもらい、早速、査定依頼してみたところ、他のサイトより高い査定額を提示されました。

予想以上の高値で最初は怪しいと感じたのですが、査定額の根拠を尋ねたところ、最寄りの駅周辺のエリアが人気が出てきており、地価が上昇しているので、この地域の不動産を探している人が多いのと、マンションのタイプが人気の駅近のためと具体的に過去の売買実績などを見せて、説明してくれました。

都内のマンションを高値で売却したいなら、スモーラ(Smoola)はおすすめです。

住み替えにもスモーラ(Smoola)は使える


子どもが生まれて、現在所有しているマンションより広いマンションに引っ越したいと考えるようになりました。

スモーラ(Smoola)は、住み替えにも対応していると知り、他の一括査定サイトと比較して、査定依頼をしました。

実際に提示された査定額は、他のサイトよりも高く、住み替え先の新しいマンションに関しても、希望に近い物件を格安で見つけることができました。

一括査定サイトは、売るだけだと思っていましたが、スモーラ(Smoola)は買うこともできるので、かなり便利です。

スモーラ(Smoola)のおかげでいい時期に高値で売却できた

不動産の知識がほとんどない状態で、マンションを売却しようとしていたところ、息子からスモーラ(Smoola)を使ってしっかり検討したほうがいいと言われ、スモーラ(Smoola)を使ってみることにしました。

スモーラ(Smoola)に掲載されいてる不動産情報で、いろいろと勉強していくうちに、不動産は売る時期によって査定額が変わってくることを知り、しっかりとタイミングを計ろうという気持ちになりました。

スモーラ(Smoola)は相場情報なども手に入るし、しっかりと知識を得ることもできるので、不動産会社ともしっかりと交渉することができました。

その結果、最初にもらった査定額より100万円ほど高い金額で売却することができました。

スモーラ(Smoola)を知らなかったら不動産会社の言いなりで、実際の相場より安い金額で売却することになっていたと思います。スモーラ(Smoola)を教えてくれた息子に感謝しています。

スモーラ(Smoola)の悪い口コミと評判

スモーラ(Smoola)の口コミは高い評価をしているものが多いですが、中には、悪い評判もあります。

不動産を売却する際にスモーラ(Smoola)を使いたいと考えているなら、悪い評判も気になると思いますので紹介しておきます。

スモーラ(Smoola)は地方の不動産売却は弱い

私は、スモーラ(Smoola)を使って都内のマンションを売却したのですが、査定額より高い金額で売却できたので友人にもおすすめしました。

ところが、友人が住んでいる地域は、不動産会社が少なく、スモーラ(Smoola)では選択肢も限られてしまったみたいです。

スモーラ(Smoola)は提携している不動産会社が多いですが、地域によって偏りがあるみたいです。

スモーラ(Smoola)で査定依頼してどこに頼むか迷いました

スモーラ(Smoola)は最大で6社に売却査定依頼ができると知って、いろんな一括査定サイトを使うのも面倒だったので、スモーラ(Smoola)で査定依頼をしました。

すると、6社ともマッチングしてしまい、どこにお願いするか迷ってしまいました。査定額も似たような感じだったので、本当に決めかねて、スモーラ(Smoola)のサポートに電話で相談することにしました。

でも、サポートを利用したがために、直接話し合いを持つまでに時間がかかってしまい、これなら自分で選んだほうがよかったと思いました。

面倒だからと言って、スモーラ(Smoola)に何もかもお願いするのは、やはりダメですね。

まとめ:不動産売却初心者は絶対スモーラ(Smoola)を使うべき!

法律や税務などの専門的な知識や、業界の知識も必要な不動産売却を初心者でも有利に進めたいなら、スモーラ(Smoola)はかなり役に立つサイトだと思います。

特にマンションを売却したいという人は、スモーラ(Smoola)の得意分野なので、活用すべきでしょう。

スモーラ(Smoola)で納得の査定結果が出たら売却を検討しよう

スモーラ(Smoola)で査定依頼しても、納得のいく金額でなれば契約をする必要はありません。ですから、「相場を知りたいだけ」「売るタイミングを計りたい」という人にも、スモーラ(Smoola)は安心しておすすめできる一括査定サイトです。

もちろん、査定を依頼した不動産会社からの勧誘を断ったからと言って、違約金が発生することもありません。もし、直接不動産会社にお断りの電話をするのが心配なら、スモーラ(Smoola)のサポートが代行して連絡を入れてくれるので、活用しましょう。

スモーラ(Smoola)はもしものトラブルにも対応しているので、お手持ちの不動産の価格を知りたいなら、一度使ってみるといいですよ。

不動産一括査定おすすめサイト【スモーラ(smoola)】
不動産一括査定業者スモーラ スモーラの評価
提携業者数2500社
運用期間7年
対応地域全国
利用者数360万人以上
同時依頼数最大9社(売買6社+賃貸3社)
入力時間最短45秒

不動産一括査定業者ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です