マンション売却のベストな時期や売却を優位に進める方法を徹底解説!

マンション売却を検討している人なら、どのタイミングで売りに出せばいいのか?悩んでいる人も多いと思います。

マンションには売却しやすい時期があり、できればその時期に売り出したいですよね。

また、マンション売却の相場を把握することで、売却活動を優位に進めることができます。

そこで今回は、マンション売却にベストな時期や、なるべく早くマンションを売却する方法について解説していきたいと思います。

マンション売却にベストな時期とは

売却時期

マンションを売却するのに最適な時期を考える際に考慮するといいのが、人の移動です。

人が移動する時期は不動産の需要も高まり、マンション売却もしやすくなると考えることができます。

マンション売却は移動の時期を狙え!

人の移動が多い時期がマンション売却のひとつのタイミングですが、人の一生を考えた場合、可能性として考えられる時期が次の3つです。

  • 転勤の時期
  • 引っ越しの時期
  • 入学の時期

この3つの時期が重なるのが4月です。

それでは、マンション売却のベストな時期は4月なのでしょうか?

それは少し違います。

4月はマンションを売却する時期ではなく、マンションを購入した人が新しい生活をスタートしたい時期です。

つまり、マンション売却の時期は、4月に新生活をスタートさせることを想定して、そこから逆算して割り出さなければなりません。

ただ、4月に新生活をスタートさせる人を標準にすることには落とし穴もあります。

なぜなら、マンション売却を検討している人はみんな同じようなことを考えるので、4月に売却案件が一気に増えます。

需要と供給のバランスを考えると、4月に向けて確かに需要は増えますが、同時に供給も増えるのです。

また、転勤の場合、転勤になったと分かってから実際に現地で働き出すまでに、そこまで期間がありません。

転勤になった人の中には、とりあえずしばらく賃貸マンションを借りて、じっくりと物件を探してから購入するという人も結構います。

ですから、4月はマンション売却において1つの目安にはなりますが、必ずしもマンションが売却できる時期とは限らないのです。

考慮すべきはマンション売却までの期間

売却までの期間

先ほどの話から、導き出せるのは、「マンション売却にベストな時期というのは、特にない」というものです。

賃貸物件に関しては、4月はかなり需要が高まるので、広告を打ったりして積極的に宣伝活動をする1つのタイミングと言えますが、売却に関しては、移動の時期にばらつぎがでるので、いつの時期がベストというのは難しいです。

相手の希望を満たせばマンションは早く売却できる

マンションを売却に出す時期を考えるより、重要なことが実はあります。

それは、マンションを購入する人の行動パターンを知ることです。

つまり、どのくらいの時期にどんな行動を起こして、マンションを購入するのにどのくらいの期間をかけているかを知ることがとても大切なのです。

マンション購入希望者の行動パターンをまとめると、次のようになります。

期間マンションの購入を検討している人の行動
6ヶ月前インターネットなどで物件を見始める
4ヶ月前不動産会社や金融機関に行く
2ヶ月前物件の内覧や交渉または契約の準備をする
1ヶ月前引っ越しの準備

この一覧でも分かる通り、マンションを探している人は半年前くらいから行動を始めます。

ですから、マンションを売却する側も、売却したい時期の6ヶ月前くらいから広告を出したりして、積極的に販売活動を始める必要があるでしょう。

仮に4月に標準を合わせるなら、前年の10月くらいには売りに出さないと遅いということになります。

計画通りにマンションを売却するなら時期だけでなく価格も大事

価格も大事

マンション売却を検討している方は、ベストな時期だけでなく、できるだけ早く確実に売却する方法を知りたいという方も多いのではないでしょうか?

この希望を叶えるには、売りに出す時期も大切ですが、価格も重要になってきます。

マンションの一般的な売却期間は?

マンションを売却するには時期も大切ですが、売りに出している期間が長くなるのは不利です。

なぜなら、売りに出している期間が長くなってしまうと「売れ残り」のイメージが付いてしまうからです。

そうなると、時期に関係なくそのマンションは売却しにくくなります。

先ほど紹介した通り、マンションを探している人の多くが、かなり早い時期から物件を探し始めます。そのため、1度悪いイメージが付いてしまうと、それを払拭するのにはかなりの時間と労力が必要になります。

不動産の売却が決まるまでの時期は、一般的に3ヶ月~6ヶ月と言われているので、その期間に買い手が見つからないと、戦略を変えない事には売れない可能性がグンと高まります。

マンション売却は時期より価格に注意せよ!

さて、ここで考えたいのが、「マンションが売却できずに売れ残ってしまう原因」です。

確かに、売りに出す時期というのも大切ですが、それ以上に大きな影響を及ぼすのが価格です。

相場より極端に高い価格で売りに出してしまい、買い手が見つからずに売れ残ってしまい、売却時期も逃してしまって、結局相場より低い価格でやっと売却できたという例も少なくありません。

買い手はかなりの期間をかけて物件を探しているだけでなく、いろんな物件を比較しています。

そのため、売りに出されたマンションの価格が相場より高いか安いかは判断できるのです。

あまりに相場からかけ離れた価格をつけてしまうと、「お金に困っているのかな?」「トラブルになったら面倒そうだ」まど、あらぬ疑いをかけられて、買い手がつかなくなる可能性もあります。

マンションを売却したい場合は、売りに出す時期を考えるだけでなく、マンションがある地域の似たような物件の相場や、売却したいマンションそのものの相場を知っておくということも大切なのです。

時期と相場を知って優位にマンション売却を進めよう

時期と相場の把握

マンション売却をする際には、不動産会社と媒介契約を結ぶのが一般的です。

マンション売却の時期と相場に関しても、売主一人で決めるというよりかは、不動産会社の担当営業マンに相談しながらとなることが多いです。

もちろん、マンション売却と売り出す時期、相場の関係を知っておくことは、有利に売却を進める上でも大切なことですが、いい不動産会社に出会うということも実は大切なのです。

一括査定サイトで相場と不動産会社の情報を一気にゲット!マンション売却の鉄則

マンションの売却の時期はターゲットによって変わってきます。

そのため、相場を知り、ターゲティングが上手な不動産会社に出会うことで、おのずと売却にベストな時期も定まってくると言えます。

ただ、マンションというのは、同じ地域にあっても築年数や間取り、階数によって大きく価格が異なってくるので、実際にどのくらいの価格で売却できるのかを知るのは案外難しいです。

そこで、便利なのが一括査定サイトです。一括査定サイトでは、物件情報を入力すると、一気に複数の不動産会社に査定依頼することができます。

一般的に、机上査定は5~6社に依頼した方が良いと言われていますが、実際に不動産会社を一社一社訪れて依頼するのは、かなり大変です。

ところが、一括査定サイトを使うと、家にいながらにして1分程で5~6社に査定依頼をすることができます。

しかも、複数の不動産会社から同時期に査定額を提示してもらえるので、そのマンションの相場を知ることもできます。

おそらく、査定依頼後に訪問査定の提案の電話が不動産会社からあるでしょうから、話してみた印象や疑問点に納得のいく説明をしてくれる営業マンがいる不動産会社に訪問査定を依頼しましょう。

訪問査定を依頼する不動産会社は3社を目安にすると、十分に比較検討ができ足元を見られずに済むでしょう。

マンション売却を成功させるのにおすすめの一括査定サイト

一括査定サイトとは

ここでは、数々のマンション売却を成立させてきたおすすめの一括査定サイトを紹介します。

  • 1400社の中から自分にぴったりな不動産会社を探せる「イエウール
  • 運営期間10年以上!満足度96%を記録した一括査定サイト「リビンマッチ
  • 日本最大の登録者数!その数なんと1700者の一括査定サイト「イエイ
  • 業界最多!最大同時依頼数が9社の一括査定サイト「スモーラ

イエウール

一括査定を依頼すると、不動産会社の中には、相場より高い査定額を提示してくる会社もあるかもしれません。

確かに、お手持ちのマンションが高く売却できれば嬉しいですが、高額な査定額を提示してくる会社の中には、契約を取りたいがためにわざと相場より高い金額を提示するところもあります。

もし、相場より高い査定額を提示された場合に活用してほしい一括査定サイトがイエウールです。

イエウールは、最高査定額を提示することを売りにした一括査定サイトです。

ですから、イエウールで査定依頼して提示された金額が相場とあまり変わりないようであれば、そのマンションは高く見積もっても相場とあまり変わらないということです。

逆に少しでも高く売りたい場合は、一度イエウールで査定依頼してみるといいですね。

リビンマッチ

インターネットを使っての査定依頼そのものに不安を感じるという人には、リビンマッチがおすすめです。

リビンマッチは、一括査定サイトの中では老舗で、今までにリビンマッチを利用したユーザーは400万人を超えています。

楽天リサーチの調べでは、「利用したい不動産ポータルサイト」部門で2017年に第1位を獲得するなど、とても評判のいいサイトです。

また、マンションを売却するにあたり、市場が悪くかなり安い価格でしか売却できない場合、売却の時期にこだわりがなければ、しばらく賃貸にして市場が回復するのを待つという手もあります。

リビンマッチには、売却査定の他にも、賃貸査定やM&Aなどがあり、どの運用方法が一番利益が高いかを知ることができます

イエイ

一括査定サイトでは、机上査定を無料で依頼できるので、マンション売却を考えている人には活用することを強くおすすめしますが、1つ問題点を上げるとすれば、勧誘の電話が集中するということです。

人によっては、電話での勧誘はお断りしたい、もっと言えば、「気になる不動産会社にはこちらから連絡するから、勧誘すること自体を控えてほしい」という人もいるでしょう。

そんな人におすすめの一括査定サイトがイエイです。

イエイには、イエローカード制度というサービスがあり、クレームが多かったり評判が悪い不動産会社にイエイから忠告がいきます。

場合によっては、イエイ側から一方的に契約を切ることもできるので、不動産会社のほうも気をつけているようで、イエイで査定を依頼した場合は、「不動産会社から勧誘がなかった」「良心的な不動産会社が多い」と口コミで評判です。

スモーラ

都心にあるマンションを売却したい場合は、スモーラもおすすめです。

スモーラは都心マンションの売却に特化した一括査定サイトで、都心のマンションなら、より正確な査定額を知ることができます。

なお、一括査定サイトについては「初心者の90%以上が間違える!不動産一括査定サイトの選び方マニュアル!」の記事で詳しくまとめているので、参考にしてみてください。

初心者の90%以上が間違える!不動産一括査定サイトの選び方マニュアル!

2018年10月9日

まとめ:マンション売却はベストな時期と適正価格で早期決着を目指せ!

マンションは売れやすい時期があるというより、購入希望者に「そのマンションに住みたい」といかに思ってもらうかの方が大切と言えるでしょう。

売出し時期はマンション売却の戦略の一つ

マンション売却において、売り出す時期を調整するというのは、戦略通りにいかなかったときに効果を発揮します。

例えば、6ヶ月以内に売却が決まらなかったといった場合に、移動の時期である4月を見越して、2月、3月まで待って、再度売出してみるなどです。

マンション売却において、条件が良く、適正価格であれば、売り出す時期はあまり気にしなくてもいいかもしれません。

マンション売却のコツは一括査定にあり!売却方法や流れなど徹底解説

2018年10月1日

不動産一括査定業者ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です