北海道の不動産査定・売却について詳しく解説!

北海道の不動産査定って相場はどんな感じなの?

北海道の不動産を高額売却!一括査定はもやは必須

47都道府県の中でも面積が広く、エリアによって、気候や地形、景観が大きく違う北海道。
北海道は、道央、道南、道北、道東、十勝の5つのエリアに分けられます。

道央エリアは都市型観光からアウトドアまで幅広く楽しめエリアであるだけでなく、空路や航路、鉄道、道路網が道内各地に向かって整備されているので、各エリアにアクセスしやすく、不動産に関しても北海道の中で最も人気のエリアです。

道央だけでなく、北海道は広い土地が多く、都道府県でも最も大きく、取り引きも盛んです。土地取引数は、年々上昇していて、価格も伸びる傾向にあります。

ただし、農地や林地については、取引数、価格ともに伸び悩んでいて、今後の価格の上昇もあまり期待できない状況です。

また、人口の減少が進んでいる地域などもあるので、そういう地域にある住宅、マンションの価格は下がる可能性があります。

北海道の不動産売却に関しても、他の都道府県同様、売却を進める前に一括査定サービスなどを利用して、相場を把握しておくと、今後の見通しが立てやすく、理想的な売却をすることができるでしょう。

北海道は今が旬?査定額をチェック!不動産売却取引状況

ここからは、北海道の不動産の取引数や単価などを詳しく見ていきましょう。

☆ 年間の不動産取引数

北海道の不動産取引数は、中心部や都心部に集中しています。これは、恐らく、北海道の人口が中心部や都心部に集まっているためと思われます。北海道で取引数が多い地域は、北海道札幌市、北海道旭川市、帯広市、苫小牧市、北見市、北海道函館市、小樽市、北海道釧路市で、それぞれ、年間2000~3000件を推移しています。

☆ 全体の平均坪単価

北海道の平均坪単価は約12万円です。

一番坪単価が安いのは、紋別郡西興部村の5400円で、これは、全国で最も安い価格でもあります。北海道内で最も高いのは北海道札幌市中央区で坪単価99万円です。

バブル期に一時的に北海道の不動産の坪単価が平均60万円まで上がったこともありましたが、最近は、12万円前後で落ち着いています。

ここ数年、大きな上下動もないので、安定した価格推移が予想されます。

☆ 不動産の特徴

北海道の不動産売買の特徴は、中古物件が購入されやすいという傾向にあることです。過去の実績を見ると、北海道の中古物件の取引数は、東京の約3倍。

また、土地が広いので、取り引き面積も広く、北海道の購入面積は東京の約25倍以上になります。

不動産の価格は、北海道札幌市などの中心部で需要があり、今後も中古物件の価格が伸びることが期待できます。

北海道の不動産の売却を考えている人は、坪単価や路線価の変動に注目して、売却を進めるといいでしょう。ただし、中心部を除いた中古物件は価格が下落傾向にあるので、売却時は複数の不動産会社に査定を依頼し、早めに相談をして、売却するタイミングを十分に見計らうことをおすすめします。

北海道のマンションはいくらで売れる?平均売却額を公開

実際に、北海道で不動産を売却するとなると、どのくらいの価格になるのかはとても気になりますよね。ご自分の不動産を実際に査定に出す前に、平均査定額を知っておきたいという人もいると思います。

ここでは、北海道にあるマンションと土地の平均査定額を紹介します。

  • マンション売却平均価格:1221万円
  • 土地売却平均価格:941万円

北海道のマンションと戸建てとの割合は、半々。人口が密集している中心部のマンションの需要は高く、特に若い世代を中心に年々上昇傾向にあるようです。

北海道の土地の価格も人口の密度と比例関係にあります。というのも、北海道の人口分布は極端で、北海道全体の人口は約800万人ですが、そのうちの約200万人が、北海道札幌市内に集中しているという状況です。

土地価格も、人口の密度に比例して、北海道札幌市が最も高く、続いて、旭川、函館、釧路などの主要都市が続いています。

北海道全体の土地価格は、平均12万円と全国平均の48万円/坪と比べてかなり安めです。北海道の土地の価格が安いのは、農地の割合が多いためで、主要都市の土地価格は、他の都道府県とあまり変わらないでしょう。

北海道の札幌市の不動産売却事情

ここまで、北海道の売却価格や取引件数の平均的な話をしてきましたが、主要都市について詳しく見ていきます。まずは北海道札幌市から。

☆ 北海道札幌市

北海道札幌市の人口は増加傾向にあり、それに伴って、土地の価格も上昇傾向にあります。2014年時点での上昇率は+6.48%と東京都の上昇率を大きく上回っています。

北海道札幌市の人口が増加している理由は、北海道内の農場や水産業、製造業が衰退し、サービス業に人が流れているからです。

北海道札幌市の不動産売買の大きな特徴は、不動産から駅までの距離が不動産の価格に大きく影響するということです。

北海道札幌市は交通網が発達しており、車を使わない生活者が増えています。そのため、冬に吹雪く北海道札幌市では、駅までの距離が不動産の価格に大きく影響するのです。

具体的な話をすると、北海道札幌市の不動産で、駅から徒歩10分圏内の不動産は優良物件として、非常に人気ですが、10分以上離れると、人気がかなり落ちてしまいます。

北海道札幌市の不動産価格は、駅から離れれば離れるほど、下落すると考えておいたほうが無難です。お手持ちの不動産の立地による価格が気になるなら、一度、査定サービスで相場を確認することをおすすめします。

続いて、北海道札幌市で人気がある不動産の条件について、紹介します。

  1. 除雪費用等の負担が少ない不動産
  2. 内廊下のマンション
  3. 駅から徒歩5分圏内の不動産

1.除雪費用等の負担が少ない不動産

北海道札幌市に住むと、積雪の対応にかかる費用に驚くと思います。積雪に対しては、除雪と排雪の2種類があり、それぞれ、次のような違いがあります。

☆ 除雪
歩行しやすいように雪を空きスペースに移動させること。

☆ 排雪
集めた雪をトラックなどで雪捨て場に捨てること。

北海道札幌市では、除雪と排雪の費用を、市が一部負担してくれますが、その負担ルールは前面道路の幅員によって変わります。

  • 道路幅員8m以上の公道は除雪を市が負担
  • 道路幅員10m以上の公道は排雪も市が負担

除雪業者に依頼して自分で除雪や排雪を行うとなると、その費用は年間数十万円にもなり、かなりの負担になります。

そのため、北海道札幌市の不動産で、8m未満の道路に接している不動産は、人気がありません。また、8m以上であっても、私道は、市の除排雪費用負担の対象外になるため、やはり敬遠されがちです。

2.内廊下のマンション

これも雪と関係しますが、北海道札幌市にあるマンションでは、内廊下の物件が人気があります。

外廊下、外階段の不動産の場合、冬に雪が廊下や階段に積もってしまうので、滑りやすく危険です。雪だらけの不動産などを見て、購入したという人は少なく、外廊下・外階段の不動産を冬場に売却活動をしてしまうと、買い手はなかなかつかないでしょう。

いっぽう、内廊下の物件は、廊下や階段が雪の影響を受けないので、人気が高く、マンションの場合は、東京のマンション以上に内廊下の物件の価値が高いともいえます。

3.駅から徒歩5分圏内の不動産

札幌市内の不動産で、駅から徒歩5分圏内の物件は人気があります。吹雪の中でも、駅から5分以内であれば、歩くのもそこまで負担にならないからです。

車を所有している場合であっても、冬場は除雪されて道路脇に雪が積み上がることもあり、2車線が1車線になることもあります。

そのため、車の場合、冬場は渋滞のことも考えなくてはならず、札幌市内では、駅から歩いて帰れる不動産を探す人が多いのです。

北海道のその他の主要都市の不動産売却情報

北海道札幌市以外の北海道の主要都市についても不動産情報を紹介します。

☆ 北海道旭川市

北日本エリアでは、仙台市に次いで人口が多い北海道旭川市。旭川動物園やロマンティック街道など観光名所も多いエリアです。

夏は、北海道内でも珍しいほど暑くなりますが、冬は北海道内でも屈指の寒さを誇ります。

北海道旭川市の不動産取引数は、北海道内の大都市である北海道札幌市には及ばないものの、北海道エリアでは、北海道札幌市に次ぐ取引件数があります。内訳を見ると、観光都市ということもあり、それらに関する不動産取引が多いようです。

坪単価は、2014年時点で約9.9万円。北海道内では高いほうですが、それでも、随分手が出しやすい坪単価といえるでしょう。ここ数年、そこまで大きな数字の変動もないので、不動産査定にも大きな影響は出ないと考えられます。

不動産種別としては、戸建てが1番多く、次に土地が多いです。イエイの北海道旭川市のユーザー数は、45歳~64歳が多く、子どもが親元を離れ、広くなった家を売却し、住み替える人が増えているようです。

☆ 北海道函館市

北海道の南部に位置する北海道函館市は、2005年には中核市に指定されました。五稜郭や函館港などの観光資源が多く、また、漁業も盛んで、水産資源を活用した食品加工業も広く行われています。

北海道函館市の年間不動産取引数は、平成26年度第1四半期で約2300件。人口に対して取引件数は、平均的な値といえるでしょう。市街地ではマンションの、郊外地になると土地や一戸建ての、取引件数が多いという特徴があります。

全体的な傾向としては、取引件数、平均価格ともに減少傾向にあるので、売却を考えている人は、売出のタイミングや相場をしっかりと考えて、行動する必要がありそうです。

☆ 北海道釧路市

北海道釧路市に関しても、北海道の他の主要都市と似たような状況です。北海道釧路市の場合も、スーパー、病院、銀行など生活に必要なものが揃っている釧路駅周辺が人気です。

また、末広町周辺も単身者からファミリー世帯までの幅広い世帯に人気があるようです。

北海道釧路市に多い不動産種別は、戸建てと土地ですが、人気なのは中古マンションで、3LDKで500万円程度であれば、売却開始から3ヵ月ほどで成約したという話もあるほどです。

また、手頃な価格で戸建てを購入したい人にも北海道釧路市はおすすめ。築10年くらいの中古戸建なら、1500万円ほどで売られています。

新築戸建てが、北海道釧路市内では、1300万~1800万で販売されているので、中古不動産でもあっても、新築並みの価格で売ることができるエリアと言えます。

北海道にある不動産はいくらで売却できる?

これまでは、北海道の不動産情報を紹介してきましたが、各都市で特徴があり、売却されやすい不動産というのも多少違いがあります。

ここからは、北海道にある不動産を少しでも高く売却する方法をお話しします。

不動産を高く売却するコツは次の4つです。

  1. 一括査定サービスを利用する
  2. 査定額の根拠を比較する
  3. 類似物件の販売実績を比較する
  4. 担当営業マンを見極める

これらのことは、北海道の不動産を売却するときだけでなく、どの地域の不動産を売却するときにも重要なこととなってきます。一つずつ詳しくみていきましょう。

1.一括査定サービスを利用する

不動産を売却したいのなら、一括査定サービスは必須です。一括査定サービスを利用することで、不動産の相場を知ることができ、さらに、物件に最適な不動産会社を見つけることができるからです。

不動産会社なんて、どこも同じじゃないの?と思う人もいるかもしれませんが、「マンションが得意」「賃貸がメイン」「投資物件が専門」など不動産会社によって特色が違います。

北海道の物件は、雪のことなど、他の地域とは違う特色があるので、不動産選びは大切です。

一括査定サービスを利用して、複数の不動産会社に査定を依頼することは、相場を知るだけでなく、あなたの不動産により適した不動産会社で出会う機会を増やし、より高い価格で売却してくれる営業マンに巡り合うチャンスを増やすことになります。

2.査定額の根拠を比較する

一括査定サービスを使って、査定依頼をした後、不動産会社を選ぶことになりますが、絶対にやってはいけないのが、査定額だけで不動産会社を選ぶということです。

依頼した不動産会社から査定額が提示されたら、必ずやってほしいことが、査定額の根拠を聞くことです。

不動産のプラスの評価ポイント、マイナスの評価ポイントをできるだけ詳しく聞きましょう。

説明の際に、周辺の事例なども交えながら、詳しく説明してくれる会社の根拠は信ぴょう性が高いです。

逆に、高い査定額を提示していても、根拠があいまいだったり、ボヤけた理由しか出てこない会社は、契約を取りたいがために、わざと高い査定額を提示している可能性があります。

こういった不動産会社の中は、実際に売り出す際に、なんだかんだと理由をつけられて、査定額より安い価格で不動産を売り飛ばす会社もあるから注意が必要です。

査定額の根拠は、納得がいくまでしっかりと聞くようにしましょう。

3.類似物件の販売実績を比較する

不動産会社は有名かどうかだけで決めてもいけません。それぞれの会社に、自分の不動産と類似の物件とエリアでの販売実績がどのくらいあるかを聞いてください。

例えば、「渋谷区のマンション」を売りたいなら、直近2年くらいの渋谷区のマンションの販売実績を教えてもらいましょう。

場合によっては、有名な大手不動産会社より、地元密着型の街の不動産会社のほうが実績があるかもしれません。

4.担当営業マンを見極める

不動産会社が良くても、担当営業マンとの相性が悪いと不動産を高く売却することは難しくなるでしょう。

特に不動産の売却が初めてという人は、何でも率直話ができて、親身に相談にのってくれる営業マンがいいです。

少なくとも、話していて、ストレスを感じるような営業マンはおすすめしません。あなたの疑問や不安を率直に話せて、それに対して、真摯に耳を傾け、具体的な提案や解決方法を提示してくれるような営業マンかを見極めてください。

北海道の不動産を高く売却できる可能性大の一括査定サイト3選

北海道の不動産を高く売却するためにおすすめできる一括査定サイトをご紹介します。おすすめなのは、次の3つのサイトです。

  1. スーモ(suumo)
  2. イエイ
  3. リビンマッチ
不動産一括査定おすすめサイト【リビンマッチ】
不動産一括査定業者リビンマッチ
リビンマッチの評価
提携業者数約1400社
運用期間10年以上
対応地域全国
利用者数440万人
同時依頼数6社
入力時間45秒

リビンマッチもイエイ並みの加盟店数を誇る一括査定サイトです。リビンマッチの場合は、地方の不動産に強いだけでなく、賃貸査定もできるのが特徴です。

北海道に戸建てやマンションを所有しているけれど、売りたくはない。というときには、リビンマッチが便利でしょう。

ちなみに、リビンマッチ公式サイトでは、北海道の査定依頼件数ランキングが掲載されていますので、参考までにここでも紹介します。

2017年度 北海道 地域別査定依頼件数

  1. 帯広市西十八条南
  2. 函館市桔梗町
  3. 札幌市白石区南郷通
  4. 函館市富岡町
  5. 函館市本通
不動産一括査定おすすめサイト【SUUMO(スーモ)】
不動産一括査定業者スーモ
スーモの評価
提携業者数2800社以上
運用期間10年以上
対応地域全国
利用者数月間1000万人以上
同時依頼数最大3社
入力時間最短60秒

スーモ(suumo)は全国的に有名な不動産サイトですが、一括売却査定サービスも行っています。

スーモ(suumo)は、登録している不動産会社の数も多く、査定を依頼する際に条件を細かくしているすることもできるので、初心者でも物件に最適な不動産会社を見つけやすいです。

北海道の不動産については、特にマンションに強いようで、実績も多数あります。実績の実例が掲載されていたので、ここでも一部を紹介します。

物件種別所在地沿線・駅売却価格間取り土地面積・建物/専有面積築年月(築年数)
マンション北海道札幌市中央区北三条西13ライオンズマンション植物園第3地下鉄東西線西11丁目2500万円台3LDK71.25㎡1991/7(築27年)
土地北海道札幌市中央区宮の森一条1818丁目地下鉄東西線円山公園1000万円台271.48㎡
マンション北海道札幌市中央区北五条西10シャンポール植物園第二JR函館本線札幌地下鉄南北線さっぽろ1500万円台2SLDK69.42㎡1981/7(築37年)
マンション北海道札幌市中央区南十一条西8山鼻レジデンス札幌市電中島公園通・地下鉄南北線中島公園400万円台2LDK62.79㎡1970/8(築48年)
マンション北海道札幌市中央区南九条西23ヴィルヌープ旭ヶ丘地下鉄東西線円山公園・札幌市電西線1600万円台3LDK73.7㎡1987/10(築31年)

          

不動産一括査定おすすめサイトNO.【イエイ】
不動産一括査定業者イエイ
イエイの評価
査定業者数1000社以上
運用期間10年
対応地域全国
利用者数400万人
同時依頼数最大6社
入力時間最短60秒

一括査定サービスを利用した際に、迷惑な電話勧誘にできるだけ会いたくないなら、イエローカード制度があるイエイがおすすめです。

イエイのイエローカード制度は、クレームが多かったり、悪い評判がある不動産会社をシャットアウトするイエイ独自のサービスで、イエイに、加盟店数が多い割に、優良企業が集まっている理由の一つです。

イエイは、加盟店数が多いだけに、北海道の不動産を取り扱っている不動産会社も多いと思われます。実際に、口コミでは、イエイで地元密着型の不動産会社に地方の不動産を売却してもらったという事例があります。

北海道の不動産を高く売却するには一括査定サービスを活用しよう!

北海道に限ったことではないですが、不動産を売却する際に一括査定サービスを利用するのは、高く不動産を売却するためには、必須といってもいいでしょう。

特に北海道の場合は、冬の条件が特殊な場合が多いですから、一括査定サービスを活用して、類似物件の相場を調べておくことは、将来の計画を考える上でも重要です。

先ほど紹介した一括査定サイトはどれも無料で複数の不動産会社に査定依頼をすることができます。不動産の売却を考えているなら、一度一括査定サイトを利用してみましょう!

不動産売却の方法や手続は?査定から売却で損をしないための知識

2018.10.16

初心者の90%以上が間違える!不動産一括査定サイトの選び方マニュアル!

2018.10.09

不動産一括査定業者ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です